このページの本文へ移動

宇部市スポーツコミッション

宇部市スポーツコミッション

宇部市スポーツコミッション

ここから本文

宇部SC事業一覧

笹川スポーツ財団 共同実践事業 ~チャレンジデーに向けてホップ・ステップ・ジャンプ!~

2017年03月29日

「チャレンジデーに向けてホップ・ステップ・ジャンプ!」は、宇部市スポーツコミッションが有する質の高い指導者を市内に派遣し、運動・スポーツ・レクリエーションの教室を開催し、チャレンジデーの参加率向上につなげていく取り組みです。

この活動を通して、個人の運動や健康に対する意識を高めるだけでなく、官民の連携、人材や施設の活用等、スポーツを楽しむまちづくりのための体制整備が促進されることを期待して実施しました。
 
本事業は平成29年2月22日~平成29年3月29日の期間で実施し、7拠点で10教室を開催しました。

また、チャレンジデー2017より全国共通プログラム「ロープジャンプX」を宇部市スポーツコミッションプログラムとして新規に実施し、チャレンジデーをより一層盛り上げる為、本事業内でロープジャンプX体験会を実施しました。

ロープジャンプX体験会の第1号として、第89回選抜高校野球大会に出場した「宇部鴻城高校野球部」がチャレンジしました。

ロープジャンプXは長さ10mのロープを使い、回し役を除く人数に跳んだ回数を乗じたポイントで競う長縄跳び競技です。

最初は数回で引っかかっていた選手たちも、跳ぶ向きやタイミング、ロープの回し方などの作戦を練りながら練習を重ねて上達し、最終的には10人が34回跳んで記録は340ポイントでした。

体験会は引き続き4月中にも実施し、参加団体を随時募集しています。

体験会の参加者を中心に、チャレンジデー2017の当日に各拠点に審判を派遣し、市内全域で「ロープジャンプX大会」を計画しています。

株式会社宇部塗料商会では、「健康経営につながる腰痛予防15分プログラム」と題して、昼休憩を活用した健康教室を開催しました。

2/22(水)、3/29(水)12:45~13:00の各回15分間チャレンジデーのプレイベント的に実施しました。

宇部塗料商会では20kg相当のペンキ缶を運ぶ作業が仕事上あり、その際、腰などを痛めることがあり、健康経営に繋げるうえで腰痛予防につながる健康プログラムの希望をいただきました。

講師は人財バンク登録講師の末永整骨院の院長である末永先生にご担当いただき、腰痛予防に関する運動を指導していただきました。

宇部塗料商会の足達会長からは「社内で健康リーダーを作り、指導いただいた内容を社の中でも実践していきたい」とご感想をいただきました。

雄光建設株式会社では、「けんせつ体幹体操」を実施しました。

フィットネスクラブHBACC(ハバック)で3月20日(月)に開催しました。

「けんせつ体幹体操」は転倒予防のための片足あげやバランスを向上させる体操を取り入れたプログラムで、労働災害防止と健康なカラダを作りの為に建設産業戦略的広報推進協議会が作成したプログラムになります。

このプログラムをHBACC所属の通インストラクターが事前にDVDの動きを覚えて指導しました。

雄光建設の兼光社長からは「DVDとしてプログラムはもらっていたが、専門的なインストラクターから目の前で指導してもらうと運動効果も違う。現場でも実践し、従業員の労働災害防止に役立てたい」とご感想をいただきました。

ゆっくり走ろう会では、2月26日、3月26日にココランドを拠点とした「スロージョギング®走り方教室」を開催しました。

この教室もスロージョギング®アドバンス認定講師の竹村さんが担当し、歩くスピードでゆっくり走るスロージョギング®の走り方をレクチャーし、実技と合わせて、運動の効果なども説明しました。

また、より実践しやすいよう、自宅でも簡単に取り組め、ウォーキングの2.5倍のエネルギー消費量のある「スロージョギング®&ターン」についても指導しました。

恩田校区コミュニティ推進協議会では、3月5日に山口宇部空港グラウンドにて「早春スポーツ祭り」を開催しました。

早春スポーツ祭りの中で、スロージョギング®講習会を行い、スロージョギング®アドバンス認定講師がスロージョギング®の走り方のレクチャーをした後、参加者とともに約1.5km空港周辺の風景を楽しみながらスロージョギング®で走り、地域住民とともに健康づくりへの意識を高めました。

新川連合いそじ会と島いそじ会では、おなじみのラジオ体操のコツを教わる「学び直しで効果倍増!ラジオ体操のすすめ」を3月16日に宇部市文化会館で開催しました。

ラジオ体操講習会では、2級ラジオ体操指導士の西田さんが担当し、ラジオ体操の動き1つ1つの意味を丁寧に説明しながら実演しました。この後、宇部弁のユニークなガイド付きのやまぐち元気ラジオ体操を参加者とともに行いました。

また、講習会にプラスして、「ラジオ体操にプラス!ちょこっと運動」と題して、健康運動指導士の長野さんが担当し、認知機能を高めるシナプソロジーと基礎筋力を補う貯金運動を行いました。

宇部市保健センターでは、「プラス10エクササイズ」を考案し、職場や家庭で気軽にできる1日10分程度の運動の講習会を3月1日、8日、15日に男女共同参画センター・フォー・ユーで開催しました。

プラス10は今よりも1日10分多くカラダを動かす取り組みで、厚生労働省などが推奨しています。

忙しくて時間がない人にも体を動かし、健康寿命を延ばしてもらおうと当コミッションと共同で製作しました。

8日と15日の講習会で監修を担当した宇部市スポーツコミッションのコーディネーターで健康運動指導士の平本貴法が、胸や背中のストレッチや、からだを捻る動きの体操など身近にできる運動を紹介し、合わせてスクワット運動やウォーキングなど日常の中で実践できる運動方法を指導しました。

宇部市スポーツコミッションでは引き続き、チャレンジデーの参加率アップを目指し、来年度も同様な事業を笹川スポーツ財団共同実践事業として開催予定です。

このような活動を通じて「スポーツ楽しむ元気なひとの元気なまち・宇部市」の実現に向けて取り組んでいきます。

関連リンク

宇部市スポーツコミッション公式HP 笹川スポーツ財団共同実践事業 「チャレンジデーに向けてホップ・ステップ・ジャンプ!」 参加団体募集ページ

宇部市スポーツコミッション 公式HP 「団体対抗ロープジャンプXチャレンジデー2017プレ大会」参加者募集ページ

前のページに戻る

ここまで本文